刑事裁判の歴史と展望あれこれ💖

刑事裁判の歴史と展望あれこれを広めます https://mementomo.hatenablog.com/entry/39862573

しほうちゃれんじ 1456

乙:keep me high, like I told you, I'll sing to them this story and know why.

出典:https://youtu.be/6W2SQfNNvRc

感想:call 人は人に電話する。call to 人は人に呼びかけるだそうです。


今日の問題は、新司法試験平成21年民事系第39問3です。

委員会設置会社においては,当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会において取締役を選任することを内容とする種類の株式を発行することができない。

甲先生、よろしくお願いします!


甲:会社法108条1項ただし書は

「株式会社は、次に掲げる事項について異なる定めをした内容の異なる二以上の種類の株式を発行することができる。ただし、指名委員会等設置会社及び公開会社は、第九号に掲げる事項についての定めがある種類の株式を発行することができない。
九 当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会において取締役(監査等委員会設置会社にあっては、監査等委員である取締役又はそれ以外の取締役。次項第九号及び第百十二条第一項において同じ。)又は監査役を選任すること。」

同法404条1項は

「指名委員会は、株主総会に提出する取締役(会計参与設置会社にあっては、取締役及び会計参与)の選任及び解任に関する議案の内容を決定する。」

と、規定しています。


したがって、上記記述は、正しいです。

しほうちゃれんじ 1455

乙:Well I hope we're not too messianic
Or a trifle too satanic

出典:https://youtu.be/o8uVSzVY8kQ

感想:a trifleは副詞として用いられるようです。


今日の問題は、新司法試験プレテスト民事系第55問3と5です。


3.定款をもってしても,議決権制限株式を有する株主から少数株主権を奪うことはできない。
5.取締役の選解任について内容を異にする種類株式を発行できるのは,株式の譲渡につき取締役会の承認を要する旨の定款の定めのある会社に限られる。

甲先生、よろしくお願いします!


甲:3について、会社法108条2項3号は

「株式会社は、次の各号に掲げる事項について内容の異なる二以上の種類の株式を発行する場合には、当該各号に定める事項及び発行可能種類株式総数を定款で定めなければならない。
三 株主総会において議決権を行使することができる事項 次に掲げる事項
イ 株主総会において議決権を行使することができる事項
ロ 当該種類の株式につき議決権の行使の条件を定めるときは、その条件」

同法303条は

「株主は、取締役に対し、一定の事項(当該株主が議決権を行使することができる事項に限る。次項において同じ。)を株主総会の目的とすることを請求することができる。
2 前項の規定にかかわらず、取締役会設置会社においては、総株主の議決権の百分の一(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の議決権又は三百個(これを下回る数を定款で定めた場合にあっては、その個数)以上の議決権を六箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き有する株主に限り、取締役に対し、一定の事項を株主総会の目的とすることを請求することができる。この場合において、その請求は、株主総会の日の八週間(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前までにしなければならない。
3 公開会社でない取締役会設置会社における前項の規定の適用については、同項中「六箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き有する」とあるのは、「有する」とする。
4 第二項の一定の事項について議決権を行使することができない株主が有する議決権の数は、同項の総株主の議決権の数に算入しない。」

と、規定しています。


5について、会社法108条1項9号は

「株式会社は、次に掲げる事項について異なる定めをした内容の異なる二以上の種類の株式を発行することができる。ただし、指名委員会等設置会社及び公開会社は、第九号に掲げる事項についての定めがある種類の株式を発行することができない。
九 当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会において取締役(監査等委員会設置会社にあっては、監査等委員である取締役又はそれ以外の取締役。次項第九号及び第百十二条第一項において同じ。)又は監査役を選任すること。」

同法2条5号は

「五 公開会社 その発行する全部又は一部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について株式会社の承認を要する旨の定款の定めを設けていない株式会社をいう。」

と、規定しています。


したがって、上記記述は、3が誤りで、5が正しいです。

しほうちゃれんじ 1454

乙:Do you wish you can get it back
If you had the chance?

出典:https://www.azlyrics.com/lyrics/orianthi/anotheryou.html

感想:hadは仮定法過去でしょうか。


今日の問題は、新司法試験平成26年民事系第38問3です。

株式会社を設立する際の定款に関する(中略)
3.判例によれば,定款に定めのない財産引受けは無効であり,会社の成立後,その財産引受契約を承認する株主総会の特別決議をしても,これによって無効な財産引受契約が有効となるものではない。


甲先生、よろしくお願いします!


甲:最判昭和28年12月3日は

「商法一六八条一項六号にいわゆる財産引受けは現物出資に関する規定をくぐる手段として利用せられる弊があつたので、これを防ぐため現物出資と同様な厳重な規定を設け、公証人の認証を受けた定款にこれを記載しないと財産引受の効力を有しないものと定められたのである。従つて単に財産引受は会社の保護規定であるから、会社側のみが無効を主張し得るということはできない。この無効の主張は、無効の当然の結果として当該財産引受契約の何れの当事者も主張ができるものであるから、本件訴訟において売主である被上告人のこの主張を容れたことにつき原判決には所論の違法はない。
 右の如く財産引受が定款上無効なる場合と雖も,会社成立後に新に商法二四六条の特別決議の手続をふんで財産取得の契約を有効に結ぶことは可能であるが、原判決はかゝる新たな売買契約の成立を認めていない。単に会社側だけで無効な財産引受契約を承認する特別決議をしても、所論のごとくこれによつて瑕疵が治癒され無効な財産引受契約が有効となるものとは認めることができない。」

と、判示しています。


したがって、上記記述は、正しいです。

しほうちゃれんじ 1453

乙:If the river was whiskey
I would be a diving duck

出典:http://www.songlyrics.com/taj-mahal-feat-keb-mo/diving-duck-blues-lyrics/

感想:動詞のduckには身をかがめるというような意味もあるようです。


今日の問題は、新司法試験平成22年民事系第37問2と3です。

2.設立時取締役を選任する創立総会の決議は,当該創立総会において議決権を行使することができる設立時株主の議決権の過半数であって,出席した当該設立時株主の議決権の過半数をもって行う。
3.委員会設置会社を設立する場合には,創立総会の決議によって設立時執行役を選任しなければならない。


甲先生、よろしくお願いします!


甲:2について、会社法88条1項は

「第五十七条第一項の募集をする場合には、設立時取締役、設立時会計参与、設立時監査役又は設立時会計監査人の選任は、創立総会の決議によって行わなければならない。」

同法73条1項は

「創立総会の決議は、当該創立総会において議決権を行使することができる設立時株主の議決権の過半数であって、出席した当該設立時株主の議決権の三分の二以上に当たる多数をもって行う。」

と、規定しています。


3について、会社法48条1項柱書は

「設立しようとする株式会社が指名委員会等設置会社である場合には、設立時取締役は、次に掲げる措置をとらなければならない。」

同項2号は

「株式会社の設立に際して執行役となる者(以下「設立時執行役」という。)を選任すること。」

と、規定しています。


したがって、上記記述は、2も3も誤りです。

しほうちゃれんじ 1452

乙:Nobody knows but me

出典:https://genius.com/The-band-long-black-veil-lyrics

感想:私以外知らないという意味でしょうか。


今日の問題は、司法試験平成26年民事系第38問1です。

定款の絶対的記載事項のうち,発行可能株式総数は,登記すべき事項ではない。

甲先生、よろしくお願いします!


甲:会社法37条1項は

「発起人は、株式会社が発行することができる株式の総数(以下「発行可能株式総数」という。)を定款で定めていない場合には、株式会社の成立の時までに、その全員の同意によって、定款を変更して発行可能株式総数の定めを設けなければならない。」

同法911条1項は

「株式会社の設立の登記は、その本店の所在地において、次に掲げる日のいずれか遅い日から二週間以内にしなければならない。
一 第四十六条第一項の規定による調査が終了した日(設立しようとする株式会社が指名委員会等設置会社である場合にあっては、設立時代表執行役が同条第三項の規定による通知を受けた日)
二 発起人が定めた日」

同条3項6号は

「第一項の登記においては、次に掲げる事項を登記しなければならない。
六 発行可能株式総数」

と、規定しています。


したがって、上記記述は、誤りです。

しほうちゃれんじ 1451

乙:Everybody need a saviour

出典:http://www.songlyrics.com/the-cult/the-witch-lyrics/

感想:the Saviourはキリストのことらしいです。


今日の問題は、新司法試験平成18年民事系第38問1です。

会社法が採用している次の1から5までの規律のうち,株主保護を目的とするものでないもの(中略)
1. 定款には,事業目的を記載し,又は記録しなければならない。

甲先生、よろしくお願いします!


甲:「会社法27条1号は定款の絶対的記載事項として事業の目的の記載又は記録を義務づけている。そして,かかる定款によって,会社に加入しようとする者は,どのような内部的規則に拘束されるかを知ることができる。そうだとすると,かかる定款記載事項を定めた同号は将来,会社の株主となる者の予測可能性を担保する点で,株主保護を目的とするものであるといえる。」

辰已法律研究所『平成28年版 肢別本5 民事系商法』11頁


したがって、上記記述は、株主保護を目的とするものです。

しほうちゃれんじ 1450

乙:Fallen leaves in the night

出典:https://genius.com/Roxy-music-more-than-this-lyrics

感想:落ちている葉なのでfalling leavesでも良い気がしますが、fallen leavesで落ち葉という意味のようです。


今日の問題は、新司法試験平成19年民事系第37問アです。

次のアからオまでの各記述のうち,株式会社は定款所定の目的の範囲内でのみ権利能力を有するという考え方に対する批判として,ふさわしくないもの(中略)
ア. 株式会社が新規の事業を行うためには,その都度定款変更が必要となって煩雑である。


甲先生、よろしくお願いします!


甲:「新規の事業が定款所定の目的の範囲外のものである場合,株式会社の権利能力について,いかなる立場に立とうとも,その都度定款変更が必要となる。一方,新規の事業が目的の範囲内である場合,いかなる立場に立っても定款変更は必要ない。よって,新規の事業を行うためにその都度定款変更が必要か否かの問題は,株式会社の権利能力についていかなる立場に立つかとは無関係である。」

辰已法律研究所『平成28年版 肢別本5 民事系商法』3頁


したがって、上記記述は、株式会社は定款所定の目的の範囲内でのみ権利能力を有するという考え方に対する批判として,ふさわしくないです。